geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

何を今更な年収と子供の学力の関係 教育社会学という分野

「両親の所得と子どもの学力はきれいに正比例する。これは業界内で“公然の事実”」と明かす。大手塾では、両親の年収や学歴、住む地域などのデータをとることも珍しくなく、そこには所得による学力格差が歴然と見て取れるという。
家庭の所得が低いほど子どもの学力は低下する?文科省も調査に乗り出す“学力格差”の知られざる実態 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

強調引用者付記

この手の話はずっと前から言われており、教育の専門家でなくともわりと知られていたと思った。
http://miraikoro.3.pro.tok2.com/education/education023.htm
まず親の年収は何かの指標である。何の指標かと言えば親の能力である(一応断定調で書きます)。今はさらに進んで母親の学歴が指標になっていたと思う。
(女性の学歴は年収と結びつきにくい。結婚・出産・育児がからむのでどうしても離職という選択をしなければならくなり、再就職(金銭面)が難しくなるという事情がある。)
能力の問題とすると親にお金を渡しても上限は自ずと決まってくると予測できる。
http://www.lifenavi2003.com/save_lnk/lnk_5CJ1bX.pdf
詳しい話はこちらで(『学歴と階層』)。上の文章は以前読んだ曖昧な記憶に頼っているので、より正しい話が欲しいならしっかり読んだ方がよい。それから全体として言えることと、個別的な話は一緒にしないように。

学力と階層 教育の綻びをどう修正するか

学力と階層 教育の綻びをどう修正するか

さらに踏み込んだ調査。母親の学歴(=能力)が子供の分断線になっている。

さらに興味深いのは、保護者の学歴と児童生徒の学力との関係だ。保護者の学歴が高いほど児童生徒の学力が高い傾向がみられるが、より詳しく見ると、児童生徒の学力は父親の学歴より母親の学歴との関係性がより強く出ていることだ。
子どもの学力は「母親の学歴」で決まる…? 文科省の衝撃レポート(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

首都圏学歴マップ&ランキング: 【都道府県】貴志原の情報局【市区町村】
東京都 市区別平均所得と子どもの成績 - kei999の日記
http://www.asahi.com/national/update/0106/TKY201201060253.html
学力調査はこちらのより専門的な本で。

図表でみる教育 OECDインディケータ (2011年版)

図表でみる教育 OECDインディケータ (2011年版)

貧困と低学力は結びつくし、学校だけの問題ではない。その学校は忙しくてそこまで手が回らない。

この原因について渡辺氏は、「現場の疲弊」を挙げる。理不尽に無理難題な要求を行なう保護者の増加や、公務員バッシングなどに由来する教師への不信感は、保護者に対する説明会や日々の書類作りなど、様々なかたちで個々の教師にかかる負担を重くする。

兵站が疲弊してこれ以上の出力は無理である。さらに追加の研修を行うと先生が壊れる。免許更新制が問題なのはこの点である。行う意義は理解できても、様々な制約からマイナスが多いならやる意味はない。

It's the last straw that breaks the camel's back.

いま、先生は

いま、先生は

日本の教育は親の金に頼っていることもあまり知られていない。OECD平均の二倍(私費の割合)でかつ公私合わせた教育費も低い(GDP比)。低コストの高効率で出資は親に頼っているのが日本の教育です。

学校外教育支出と学力の関係について調べており、「世帯年収の高い家庭ほど子どもは高学力」であり、「学校外教育支出の多い家庭ほど子どもの学力は高い。そして、学校外教育支出は家庭の経済力と強い関係がある」と分析結果をまとめている。

平成20年度文部科学白書 第2部 第3章 第5節:文部科学省
一番の問題は意欲格差。勉強に意味があるかどうかはあとでわかるもので、それまでは親の背中を見て子は育つ。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/04/kiji/K20120704003605740.html

ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って

ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

「家庭教育」の隘路―子育てに強迫される母親たち

「家庭教育」の隘路―子育てに強迫される母親たち

十代の出産はその後の人生の経済的困窮を招くか? - himaginaryの日記
Real Education: Four Simple Truths for Bringing America's Schools Back to Reality

Real Education: Four Simple Truths for Bringing America's Schools Back to Reality

The Bell Curve: Intelligence and Class Structure in American Life (A Free Press Paperbacks Book)

The Bell Curve: Intelligence and Class Structure in American Life (A Free Press Paperbacks Book)

グローバル化・社会変動と教育〈2〉文化と不平等の教育社会学

グローバル化・社会変動と教育〈2〉文化と不平等の教育社会学


追記。影響力がある人が書くと反響が大きいですね。
「学力と階層」解説 - 内田樹の研究室
文庫版が出ました。
学力と階層 (朝日文庫)

学力と階層 (朝日文庫)

貧困の世代間連鎖は止められないのか「江戸川中3勉強会」25年目の夏に見た生活保護世帯の子どもたちの現実 | 生活保護のリアル みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン
「気にしていないことが多いです。深夜に外にいる子どもたちが補導されたことを知っても、『悪いやつだから』で済ませてしまいがちです。私たちにとって、それは『辛い』といえば辛いですね」

 もしかすると、教員も「辛い」と思っているかもしれない。

気にするほどの心の余裕がないまで書かないと不勉強を指摘される。
参考文献。

いま、先生は

いま、先生は

P.4「子どもたちの相当数は、早ければ小学校高学年で、いわゆるヤンキーになる。」俺のふるさとの田川他旧産炭地筑豊の多くが今こんな感じ。俺がエネルギー「革命」を素直に評価できない理由である。
はてなブックマーク - 貧困の世代間連鎖は止められないのか 「江戸川中3勉強会」25年目の夏に見た 生活保護世帯の子どもたちの現実|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン

ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書)

ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書)

ド底辺高校生図鑑

ド底辺高校生図鑑

データえっせい: 専攻別にみた大学教員の構成変化

数字が一人歩きするかもしれない。序列化は絶対に起こる。原因は学校の中ではなく、学校を含めた支援体制である。生徒のでこぼこを埋めるだけのセメントorパテ(資金)があれば改善できる。セメント不足は学校の責任ではない。
http://mainichi.jp/feature/news/20121002dde041100028000c.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121002/edc12100210030000-n1.htm
http://www.asahi.com/national/update/1002/OSK201210020056.html
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20121002-OYT8T00438.htm


もっと上手に言いたいことが書かれていました。
教育毒本 ... 全国学力テスト

ファミリー | PRESIDENT STORE (プレジデントストア)
出典が不明
秋田県等は学力テストの平均点が全国で最も高いそうですが、セン... - Yahoo!知恵袋

http://mbp-toyama.com/toshin-takaoka/column/2220/

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130109-OYT1T00206.htm
祖父母が孫の大学に授業料を直接払い込むのは、原則として贈与とはみなされない。ただ、入学時に大学4年間の授業料をまとめて孫に渡すのは贈与となり、贈与税がかかるため、制度変更を求める声が出ていた。

教育ってなんだろう。無料の奨学金の充実は金がないからやらないという事だろう。

はてなブックマーク - asahi.com:授業料免除率 中退率と相関-マイタウン福岡・北九州
本のある環境 | rionaoki.net

受験に失敗する家庭の典型例3つ
2年前から夏休み期間中、成績が悪い子供向けに合宿形式を取り入れることにしたらしい。
スパルタ形式をイメージしていたが、実は子供を親から引き離してリラックスさせ、ヤル気を取り戻させることが主眼だという。

親の環境から抜け出すというのが教育上かなり有効らしい。ゆとり教育の失敗(教育格差)はこの部分で、学校の関わりを減らしてしまったこと。

はてなブックマーク - 裕福な家庭の子は両親の経済力によって高度な教育を得て、高収入が得られる職業に就くことができる・・・ 「社会階層の固定化」 : SIerブログ

塾講師していた時の経験から。同じ学校でも勉強できる子はきちんと「勉強の仕方」を知っていたし、それは生得的な要因よりも親、特に母親の誘導のスキルの巧拙が大きかった。

子どもの最貧国・日本 (光文社新書)

子どもの最貧国・日本 (光文社新書)

教育界のネイト・シルバーが、過熱する教育改革に健全さをもたらす | TechCrunch Japan
表題より中の検証の部分に注目して欲しい。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014032800461
http://www.asahi.com/articles/ASG3X3FGTG3XUTIL00B.html

不平等社会日本―さよなら総中流 (中公新書)

不平等社会日本―さよなら総中流 (中公新書)

書評:佐藤俊樹「不平等社会日本」,中公新書
保護者の所得は学力にどれほど影響があるのか? / 山田哲也 / 教育社会学 | SYNODOS -シノドス-