geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

オンライン教育はバラ色か?

以前書いたもののアップデート版

学校というモチベーション維持装置 - geopoliticsさんの日記(無回転思考)

MITなどの大学が授業をオンラインで公開した→価値はそこにはないから出来る

通信制はモチベーションの維持が難しい

オンライン大学(授業)の本場アメリカのオンライン大学(MOOCs)の卒業率は5%

米国に本拠を置くMOOCsは、利用者数は数百万人と極めて多いのだが、科目を修了する人は全体の僅か4パーセント。また履修登録者の約半数は、一度もそのオンライン講義に参加したことがない。要するに、MOOCsに登録はするものの、最後までやり遂げる人は極めて少ないということなのだ。

厳しい試練にさらされる米MOOCs(大規模オンライン大学講座)---今春始まる日本版サービスの参考に(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

通信制には優秀な母親が必要

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)

にある書評が端的に表している。強調引用者付記

公文の先生は「進捗管理」をやっているだけだ。この進捗管理と先に進むモチベーションを鼓舞するのは先生だけの責任ではない。ここに保護者が積極的にかかわらなければならない。ほったらかしに先生任せにしてはいけないのである。

公文の先生はなにも教えない

特に小学校時代に親が子供に学習習慣を身につけさせることが必要。いわゆるお受験組はこのあたりが強い。

サイエンスにも載ったらしい

結論

学校という場での教育は未だ価値を持つ

それに馴染まない人向けとしての当選確率5%のオンライン大学がある。

そもそも学校の予算問題に注目できない人は才能が無い

 

子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッド

子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッド

 

 

The MOOC pivot | Science