geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

プラットフォームビジネスの非人間性 大塚英志が指摘した工学化の驚異

 

工学化が人間性を破壊していく~疎外論

大塚英志が指摘した工学化=非人間性

第1回:西部邁の死と「工学化」する保守 - 平成30年論 | ジセダイ

西部のいう、世界の「形式化と数量化」が、ぼくのいう「工学化」である。

 

ぼくは『日本がバカだから戦争に負けた』で、角川書店を例に、この国で人文的知が工学的知に凌駕されていく様と、両者の断絶を論じた。本はさっぱり売れなかったが、Amazonの読者の書評を見る限り、「工学系・情報系ムカつく」という人が少数だがいることはわかる。本では、一応は「工学知」と「人文知」の対話が重要だと書いたが、ぼくの中にも「工学化」への違和は、「感情」の水準で少なからずある。

(強調引用者付記)

その本がこちら

プラットーフォームビジネスの「構造的欠陥」

書評*1が面白くうなずくしか無かった。

書評を借りるならプラットフォーム(ここではKADOKAWA)は人工的な製造装置であって、そこに人間性=作家性は要らない。いわゆる二次創作(本来はおかしな用語)も同じで、外観(設定)を借りただけで(本来の作者の)作家性がない。それが効率的に生み出される同人誌の群れである。「外観(設定)を整えれば、いくらでも物語が作り出せる」という大塚英志がかつて示した物語論である。

 

大塚英志作家性はどこまでかという境界線を探したのだと思う。お話の構造自体は作家性はないということを物語論で示した。いわゆるハリウッド形式の脚本はほとんど物語論で書けてしまう*2スターウォーズが神話論*3をベースにしているのは有名である。

物語の工学化という実績があったからこそ物(人も含めた)の工学化=人間の疎外という現象に自覚的であった。世の中の工学化に反対したのが江藤淳なり西部邁だったりした、かつての保守なのだ(それは今や左翼が担っている)。彼らが反対したのは近代、即ちアメリカ化だった。これは後にグローバル化になる。

これに(無自覚に)順応的なのが最近のIT企業である。勝間和代が切れた*4理由はそこ(工学化)に直面したからだと思う。工学化は人間性(敬意)を表さないから。

結果どういうことが起きるのかというと

粗雑な「工学的知」は、効率のいい金儲けをしたがる人間を招き寄せやすいというのは、わかりやすいところでしょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R5G9AUGS1HDVC/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4065105536

強調引用者付記

グローバル化と付随する非人間性=疎外の問題はこれからも続いていくと思う。あとは高級化と安物化の二極化になったとき安物がどうなるかですね。

安売りすると質が下がることは見えています。安物は以前、漫画家佐藤秀峰がマンガの原稿料で原稿がどう簡素化していくかということをやっていた。安物は背景がほとんど消えていた記憶がある。

効率化同士の戦い

金儲けに最適化された出版社と同じく最適化されたネット企業の別れ話。

幻冬舎の創業者・見城徹さん、NewsPicks(ユーザベース)が身勝手だと激怒(株価は急落) : 市況かぶ全力2階建

効率的な金儲け同士のなので、一方が自社開発が出来るようになれば内製化するってことなんだろうね。ノウハウが欲しかった。最短は出版社買収だけど、社長の個性が強い会社は買えないかった。

幻冬舎カリスマ社長がNewsPicksに大激怒。その真相は?(THE PAGE) - Yahoo!ニュース

 

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

 
CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー

CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー