geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

反差別は抑圧である理由 反差別が抑圧装置になってしまう

反差別は一種の教義なので、その宗派に取っては聖典でも、他宗に取っては異教になる。そうすると起きるのが宗教戦争である。

反差別を強要(改宗)するのが折伏(しゃくぶく)である。

リベラルがかつての魔女裁判や異端審問と相似的なのはそのためである。

日本人はルールが嫌いなのである。ルールが緩いキリスト教も日本では信者は1%くらい。戒律が厳しいと思われるイスラム教はもっと少ないだろう。

日本は常に中心を外す対抗馬をつくる。つまり相対的にする。

(教義という)中心を持たない構造は『日本教』や『中空』で出てきます。読みやすいのは日本教

日本教の社会学

日本教の社会学

 

 

じゃあ、どうやって物事を進めるかというと空気を作る。この空気感を作れる人が優秀な人になる。

「空気」の研究 (文春文庫)

「空気」の研究 (文春文庫)

 

何を言いたいかというと、欧米流の理論は日本では全く役に立たないということです。考え方の根本が違うから。唯一役立つのが理系です。