geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

建前と本音 建前が現場を地獄にする

公共機関での禁煙

病院などの公共施設は禁煙しなければならない法律ができました。

受動喫煙対策|厚生労働省

「受動喫煙対策法」が成立 全面施行は2020年 違反者には罰則も | ニュース | 保健指導リソースガイド

問題は喫煙者が喫煙禁止にしたらどうなるかということです。止める人は止めるでしょうが、止めない人は地下に潜ります。つまり闇で吸うことになります。

管理されないところで吸うと、タバコの火が火災の原因になりかねません。

なので緩和措置として、あえて吸う場所をつくり、管理するのが得策です。が、しない人がいるようです。

上に政策、下に対策(苦肉の策)

では現場ではどうやってタバコを吸うかというと、敷地内に体をおいて、タバコを吸う口を敷地外に出すやり方です。これで敷地内では禁煙されていることになります。

 

最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 (新潮文庫)

最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 (新潮文庫)

 

 

正直者が馬鹿を見る

双方が不幸になった事例。あと内部通報の話は別件で。

校内「たばこ部屋」を内部通報した女性のその後――公務員の世界で見た“組織の掟” - Yahoo!ニュース

議論がねじれ曲がっていますが、まず、法律が間違いというところから始まっています。

誤魔化したことが問題ではなく、誤魔化しが必要だったことが問題です。

それが不可能命令と員数主義です。

山本七平botまとめ/『”員数主義”に陥り易い日本人』~「不可能命令」とそれに対する「員数報告」で成り立つ”虚構”の世界~ - Togetter

 

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

 

 かつて禁止されていたが、国民は闇市がないと食えなかった。これと一緒です。必要性と善悪は別の領域です。