geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

インパール2020 左翼は今の「戦争」を止められるか

左翼が嫌いなわけではないが、現実に戦争と同じ状態になっている五輪に関してデモがないというのが寂しい。過去の戦争より今の戦争の方が重要だと思います。

「左翼は現在進行形の問題には興味が無い」ことを批判しています。

技能実習、違法謝礼横行か 監理団体に及び腰の派遣機関:朝日新聞デジタル

www.nikkan-gendai.com

 

(TOKYO2020)五輪の猛暑、観客も備えよう テスト大会、客席35℃超:朝日新聞デジタル

「暑い。耐えられない」 五輪ボートテスト大会 課題浮上で対策見直しも (1/2ページ) - 産経ニュース

五輪コースが「くさい。トイレみたいな臭い」。海水の臭いに選手が不安訴える オープンウォーターテストイベント(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

五輪の医師、無償でいいの? 組織委判断に医療界当惑|オリパラ|NIKKEI STYLE

パラトライアスロン、水質悪化でスイム中止(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

さらに、マラソンなど早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していくこととなりました。

第4回ボランティア検討委員会 開催 | 東京2020オリンピック・パラリンピックボランティア | ボラサポ

 

 一方、大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的には自己管理としつつ、研修内で休憩の重要性を伝えるほか、水分補給のための環境づくりに努め、今夏に実施されているテストイベントにおいても活動シフトのパターンをいくつか試すなどして、本番に備えることとしました。

「終電で出勤してもらい、徹夜の交流で士気を高めさせよう」東京五輪ボランティアの過酷さが改めて浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

五輪会場で“前代未聞”降雪実験も気温は変わらず…組織委「清涼感を与えるもの」/スポーツ/デイリースポーツ online

 

 

現在進行形の問題に興味が無い事例集。

餓死した英霊たち (ちくま学芸文庫)

餓死した英霊たち (ちくま学芸文庫)

 

 

コミケはスタッフも含めて参加者の質が高いです。

3日目の一般参加者入場についてのお詫びと4日目の対応方針

来年は何度目かの敗戦になるかも。

2020年東京五輪は“人命”を軽く扱っていないか。組織委員会とメディアが犯した罪/本間龍インタビュー - wezzy|ウェジー

見直し必至、1年前の状況で散々な五輪会場。 - Togetter

暑さ対策に人工雪 東京五輪、テスト大会で降雪機導入へ - 東京オリンピック:朝日新聞デジタル

東京五輪のボランティア募集 都立高校生に応募強要か「全員書いて出せ」 - ライブドアニュース

 

 

インパール (文春文庫)

インパール (文春文庫)

 

 

 

 

日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)
 

 

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)

 

 

 

 

現代政治の思想と行動 - Wikipedia