geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

中央なき中央政府 御者がいない馬車で馬が暴れる

最大の権力を手に入れた権力者が権力を使わないということは想定していなかった。

始皇帝も権力を手に入れたけど多すぎて仕事を制限をした。権力集中は交通渋滞を起こす。

 

平成改革の結末

中央の権限強化の政治史

憲法上中央は総理大臣である。さらに各種法制度によって権限が総理と官邸に集まるようになった。 

それは本書『首相支配』や『平成デモクラシー史』に詳しい。

純化してまとめると、

自民党総裁小選挙区と政治資金規正で政治家の人事権を握った。さらに公務員法改正で首相及び官邸は役人の人事権まで握ったのだ。

 

平成デモクラシー史 (ちくま新書)

平成デモクラシー史 (ちくま新書)

 

 

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)

  • 作者:竹中 治堅
  • 発売日: 2006/05/24
  • メディア: 新書
 

 

 

 

中空になる官邸

しかしその官邸に主はいない。王の椅子に誰も座ってない。

前のめりの「専門家チーム」があぶりだす新型コロナへの安倍政権の未熟な対応 - 牧原出|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

ラインとスタッフでスタッフがラインまで担っている。

経済はわからないので官邸でやってねと感染対策版に言わる。

「専門家会議としては再三再四、我々の意見と経済のプロからの提言の両方を見た上で最終的な判断をして下さいと、政府に申し上げてきた。政府の方からは十分理解してくれて、“わかった、なんとかしよう”というお返事を今日頂いたので、そうなると期待している」と述べた。

「“経済のプロからの提言と併せて判断を”と再三再四、政府に申し上げてきた」専門家会議・尾身副座長 | ABEMA TIMES

 

 

かつて河合速雄は日本の特徴は中心がないことだと言った。今、まさに政治権力の空白が生まれている。いるのにいない。そして宦官と武官が動き回る。

 

中空構造日本の深層 (中公文庫)

中空構造日本の深層 (中公文庫)

  • 作者:河合 隼雄
  • 発売日: 1999/01/01
  • メディア: 文庫
 

 

日本は平成の改革で中央集権的にした。結果中央以外に権力がない。そして今、中央には司令官が不在。

中央を想定してたシステムで中央に誰もいないというバグみたいな仕様。

このことをだれも予想も想定もしていなかった。安倍総理は嵐が過ぎるまで待っているのかもしれない。

そのうち住民同士の内乱(営業中と自粛警察)になる。こういう時って地方政府が独立して軍閥化するのが中国史

中央で情報の共有化がない

医療班はPCR検査は陰性証明にはならないと言うはず。そしてこの結論。

政府は新型コロナウイルス感染症の収束をにらみ、抗体検査やPCR検査によって非感染が確認されたビジネス渡航者に「陰性証明書」を発行し、中国などへの渡航を容認する方向で検討に入った。政府関係者が15日、明らかにした。

政府、ビジネス渡航解禁を検討 新型コロナ非感染証明が条件:時事ドットコム

 

たぶん無視ではなく聞いていない=情報の共有化がされてない。または経済班というより財界=支持者が希望している。

やっぱり悪い意味で中央が統制していない。独裁者はいない。