geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

PCRするな派を理解する

PCRは要らない?

→いる

なぜ「するな」なの?

→キャパ問題と自称患者が押し寄せた病院と検査会場でコロナに感染するリスク

 

実例:会場が三密になってしまう可能性

予想外・・・検査に市民が殺到 行列、渋滞「待つ間も3密」 途中打ち切りに 松山対象のPCR検査 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 

では必要ないの?

→必要。現状は対象を絞ってやらざるを得ない。

(無原則に)検査すべきではない

陰性証明はないという話も。

キャンプ開始前にウイルス検査を受け、全員が陰性であることを確認していたが

サマーキャンプで260人が集団感染 米・ジョージア州 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

おぎやはぎの矢作は4回検査した。結果は陰性・陰性・陽性・陰性。検査の信頼度はこのくらいである。

まだ「検査で感染抑制」とか論争してるんですか?(その4)|ショーンKY|note

 

さらに知っておいてほしいのは、検査の方法によって判断基準がまちまちだということ。

(中略)

最近は反応時間を早くしたとか、人手のいらない全自動とか、事前にRNA抽出の操作が要らないというシステムも使われ始め、これから大量の検体処理のため広まることが予想される。しかし、このシステムでは白か黒かの判定しかなく、ギリギリのところの判断で偽陽性偽陰性が起きていることに気づかない。

「PCR検査・隔離」の膨張が引き起こす現実の問題 | コロナ後を生き抜く | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

するな派は慎重派です。