geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

歴史の転換点 ロマンからリアル

次の時代は外から来る

物事は流行があってそれが満たされると次の展開が起きる。

例えばロボット物はガンダムがリアル路線の最初になった。その前に宇宙戦艦ヤマトがあるが戦記物の最後尾である。リアルにすると第三艦橋がいつも危ない。

映画であれば高倉健菅原文太である。ヤクザロマン的な高倉健とリアルヤクザ物の菅原文太で、後者の仁義なき戦いが次の時代を作った。

池部良高倉健より年上)がかっこいい映画。

ロマン

昭和残侠伝 [DVD]

昭和残侠伝 [DVD]

Amazon

リアル路線

アメリカだとアメリカンニューシネマ以降、リアル路線が飽和してスターウォーズがヒットした。

 

本題はここから。

リベラル左翼から現実主義者(仮。上手く名称がつけられない)に変わる。左翼は右翼やネトウヨを仮想敵にしているが実は敵は認識の外にいる。

左右のフレームは過去の認識で間違いである。かつてソニーのプレステを作った人がライバルはどこですかと聞かれて、任天堂セガと答えずケータイ電話と言ったことが有名である。同じことである。ライバルは同業者ではない。異業種である。

古いフレームワークで争う人々 右と左とそれ以外 - geopoliticsさんの日記(無回転思考)

東浩紀(左翼に威力偵察をして現状を報告していくれる人)が指摘しているように左翼言論商売は内輪向けで、外(大衆)に広がらない。だから何を言っても中での出来事にしかならない。選挙で勝つには外の票を取らないとならない。所詮マニア市場の小さな競争でしかない。しかも年々縮小している。

リベラル市場の縮小 - geopoliticsさんの日記(無回転思考)

よって言論も過激にならざるを得ない。

テレサヨ問題 なぜネットは右翼ばかりか - geopoliticsさんの日記(無回転思考)

言論業者は左右で見てきたが実はその外に敵(市場)がある。マスコミなどは最も遅れた業界になりつつある。