geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

逆張り芸が破綻

16 彼らは不平をならべ、不満を鳴らす者であり、自分の欲のままに生活し、その口は大言を吐き、利のために人にへつらう者である。

ユダの手紙 -1 : 聖書日本語 - 新約聖書

 

批判ですらない逆張り

素人と玄人

“8割おじさん”西浦教授またも扇動? 感染1日100人超、99%大流行…本人に聞く(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

永寿総合病院は「もっと気をつけるべきだった」のか:室井佑月氏の発言と心理学から(碓井真史) - 個人 - Yahoo!ニュース

マスコミおよびテレビ局は「風の息づかい事件」から進歩していない。

風の息づかいとは (カゼノイキヅカイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

専門家は基本があるのでそれに沿って意見が言える。少なくともエラーが少ない。エラーがあったら修正される。

素人は土台がないから庶民感情を土台にその都度仮想敵を作って叩く。そういう手法は昭和までは有効で、そのうち通じなくなった。なぜならネットの発達で逐次突っ込みが入るようになった。蛭子能収が文化人枠はボケ役と言っている。蛭子さんは侮れん。

さらに若者が支持しなくなった。保守化しているともいえるが左翼は贅沢品である。

 

茶の間の正義 (中公文庫)

茶の間の正義 (中公文庫)

  • 作者:山本 夏彦
  • 発売日: 2003/08/25
  • メディア: 文庫
 

 

佐藤栄作が新聞は嘘を書くと辞任会見で言ったが、マスコミが作る嘘が通じなくなった。

 

佐藤栄作-戦後日本の政治指導者 (中公新書)

佐藤栄作-戦後日本の政治指導者 (中公新書)

  • 作者:村井 良太
  • 発売日: 2019/12/17
  • メディア: 新書
 

 

叩くべき悪はいるのか?

叩いた余波までは想定できなかった。批判?の破片が周辺まで広がった。

[B! 医療] 痛いニュース(ノ∀`) : 室井佑月「コロナにかかった人は責めちゃダメ。コロナの患者を出した病院は責められるべき」 - ライブドアブログ

想像だけど認識は悪の病院vs善なる医療従事者という構図だと思われる。これは下記にあるようにポピュリズムである。

 彼らはポピュリズムを「社会が究極的に『汚れなき人民』対『腐敗したエリート』という敵対する二つの同質的な陣営に分かれると考え、政治とは人民の一般意志(ヴォロンテ・ジェネラール)の表現であるべきだと論じる、中心の薄弱なイデオロギー」と定義している。

望月衣塑子記者に贈る「ダブスタ」にならないためのアドバイス

 

フラットに物を見られない。どちらかに肩入れする。まあそこは誰しもある。ただし今回は病院が悪いということはない。体制は日常の備えで、それは医療費で賄われる。

医療体制=社会保障は国の仕事で、その国は医療費高騰に頭を痛めている。

統計にするとこんな感じ。

geopolitics.hatenablog.com

現状は医療従事者に長時間働いてもらうことで維持している。

これが医大の女性入試差別につながる。女性はたくさん働けないため(看護師はのぞく)。女医は皮膚科と眼科に行き、外科医にはならない。すでに外科医不足が指摘されている。もちろん原因は女性の医者が増えたから相対的に外科に行く男性が減るため。