geopoliticsさんの日記(無回転思考)

はてなダイアリーから引っ越し中

「やったふり」をする改革とそれを要求する国民の結末

不可能命令と員数主義

geopolitics.hatenadiary.com

以前書いたように、不可能な命令とそれに対応するための政策が日本の特徴である。そもそも不可能なものを出している自覚はあるが、

やっているというポーズを出す必要があって、

「『子どもを連れてきてもいい自民党』になることが、少子化対策や子育て、女性活躍を大事にする党だと体現することにつながる」

自民党本部に「託児ルーム」:時事ドットコム

そのための回答がこれである。

託児ルームには保育士を置かず、子どもは議員秘書らが見る仕組みを検討している。

自民党本部に「託児ルーム」:時事ドットコム

自民党本部に「託児ルーム」:時事ドットコム

 

その実例かつ最大の損害が日本軍と戦争である。

必要なのは仕組みじゃなくてお金である。

文献

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

 

コンパクトにまとめっている書籍。

日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条 (角川oneテーマ21)
 

 

これもそう。最終的に個人の技量でカバーしようとして沈没する。

グーグルやアップルはアメ車文化である

アメリカ文化を一言で言えばパワーと機械化である。

グーグルマップが今回変わったらしく、たぶん衛星写真ストリートビューから自動生成した地図を作成したと思われる。要するに力業。

グーグルマップの脱ゼンリン、各地で困惑・株価は急落 : 市況かぶ全力2階建

 

物事を物量で解決する

大正義パワー

アメリカの戦争ドクトリンは一言で言えばパワー。

この影響で、日進月歩の半導体というパワーで押し切るのが米国企業。だから日本が必要なのは人材じゃなくて、アメ車文化である。でかい方よいという文化。

機械化

そして機械化である。アメリカでなぜ機関銃が作れ、イギリスでは軽視されたのか。後にスパイ活動でアメリカのシギントとイギリスのヒューミントになる。

人の手による90点か、機械による60点か

これは完全に文化の違いで、機械化のよる量産化か、人の手による職人化の違いだと思う。数か質かで、数が勝ったのが太平洋戦争です。

日本の過剰品質(だけどお金を取れない)か、こんなもんだろう安いしのアメリカか。

機関銃の社会史 (平凡社ライブラリー)

機関銃の社会史 (平凡社ライブラリー)

 

 

 

 

戦争文化論 上

戦争文化論 上

 

 

戦争ドクトリンの話はサンダース校のケイが述べている。

 

 

 

 

「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か - ITmedia NEWS

アメリカらしさが出ましたね。機械化(自動化)に躊躇しない*1。火力で押し切る。人の手による90点より、機械による60点を取る。結果はパチンコガンダム駅です。

パチンコガンダム駅 - Wikipedia

逆に日本は人の手に頼りたがる。これを勤勉革命というそうです。

勤勉革命 - Wikipedia

 

リベラル左翼は大人になれるか 三島由紀夫と日本自立と核武装

左翼が大人になるための核武装

現実主義的な話として日米安保体制のコストは直接費用で5兆円かかる。今の自衛隊は5兆円なので合計10兆円になる。

ビジネスライクに考えた日米同盟の経済コスト | プレジデントオンライン

日米同盟解体・自主防衛のコストは25兆5319億円|NEWSポストセブン

 

コストを試算! 日米同盟解体 ―国を守るのに、いくらかかるのか―

コストを試算! 日米同盟解体 ―国を守るのに、いくらかかるのか―

 

 

 

核武装なき「改憲」は国を滅ぼす

核武装なき「改憲」は国を滅ぼす

 

左翼は日本を独立させることが出来るか

現実的問題として選択肢は3つ

  1. 自立
  2. アメリカにつく
  3. 中国につく

1に関しては上の議論のように自衛のお値段がかかる。しかも核が必要。今の北朝鮮がこのやり方である。フランスもドゴール時代に核武装に舵を切った。

現実は2を選んでいる。それが3の中国になるかも知れないけど。

“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

 

 

 

軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男 (講談社プラスアルファ文庫)

軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男 (講談社プラスアルファ文庫)

 

三島由紀夫の懸念

自立するなら、最終的に三島由紀夫に行き着く。市ヶ谷の駐屯地でやったあれである。

三島由紀夫が復活する 新書版

三島由紀夫が復活する 新書版

 

日本の「左翼」は、冷戦下に「護憲」「非武装中立」という非現実的な理想にしがみつき、冷戦が終焉してグローバル世界のルールが大きく変わっても自らの政治イデオロギーを修正することができず、エリート的な「無謬神話(自分はぜったい間違えない)」で巨大な墓穴を掘ることになった。そのなれの果てが現在の「安倍一強」だと考えれば、そこになんの不思議もない。

日本の若者が極右化しているのではなく革新=リベラルが絶望的に退潮している[橘玲の日々刻々](ダイヤモンド・ザイ) - Yahoo!ニュース

若者はリベラルという現実。

実証データからわかるのは、日本の若者も他国の若者たちと同じように「リベラル化」しており、変化や「革新」を求めていることだ。ところが日本の「リベラル」はそうした期待にまったくこたえることができず、憲法から築地市場移転まで「変える」ことに頑強に反対してきた。その致命的な失敗を自覚しないかぎり、日本において「リベラルの復権」はあり得ない。

 

 

イデオロギーと日本政治―世代で異なる「保守」と「革新」

イデオロギーと日本政治―世代で異なる「保守」と「革新」

 

 

 

 

 

野党(やリベラル)がやっていたのは反米ポーズでアメリカに隷属しないように政権与党を側面支援することだった。つまり国会でごねることで米国に間接的に影響を与えようとしてたことである。そういった老獪な外交術(吉田茂的なもの)がいつまで続くかはわからない。

一番危ないのはアメリカが日本を見捨てたときです。

 

回想十年(上) (中公文庫)

回想十年(上) (中公文庫)

 

はてなブックマーク - 布施祐仁 on Twitter: "これ分かりやすかった。今の自衛隊の態勢強化が、日本を外国の侵略から防衛するためというより、極東・西太平洋地域で日米が一体となって中国に対抗し、アメリカの軍事的優位を維持しようとするものであることが浮かび上がってくる。 https://t.co/Jz4qdNd8Cu"

 

素人文化とAKB商法 プロが嫌われる日本で売れる方法

素人を売りにする

握手券のAKB商法は別の話で、人気が坂道に行ったという話も別。それは表層の話である。

ここでの話は素人が受けるということである。今の素人はユーチューバー。

「素人が受ける」という売れる文法を秋元康ははっきりと認識している。

かねてから秋元康は、「K-POPプロ野球だとしたら、AKB48高校野球」といった趣旨の発言を各所で繰り返してきた(たとえば、秋元康×田原総一朗AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』2013年/アスコム等)。

総選挙中止から見るAKB48の曲がり角──AKB商法の機能不全、「パンドラの箱」だったK-POP進出(松谷創一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

直接的でも間接的でも日本の芸能を知っていれば、日本の芸能は素人文化村上龍が言ったらしい)である。未熟な子供に演技をさせて喜ぶ変○ということである。決して上達しない。上達するのは素人っぽさである。成熟が罪であると言ったのはアイドル評論家。

かつて上岡龍太郎がテレビのお笑いは素人が受けると断言した。氏が素人芸のチャンピオンとして上げていたのが、明石家さんま笑福亭鶴瓶である。お笑いは洗練されない方に努力しているのである。ちなみに舞台とテレビは両立しないとも。

ではプロはどうするか。私生活を見せるのである(ドキュメント)。それか異業種に行く。俳優がバラエティ番組にでる(「元気が出るテレビ」の松方弘樹)。歌手がバラエティの司会をやる(「アッコにおまかせ」の和田アキ子)。芸人が司会をする(「仮装大賞」の萩本欽一)。ここではプロがみんな素人になれる。デーブ・スペクターが「素人がテレビに出られるから、自分も出られる」言っていたと思う。

韓国も含め海外と日本は文脈が違うのである。文脈が違えば売れない。これはかつて村上隆が海外アートには文脈があると言って、それに合わせて作らないと売れないと言っていたこと通じる。落書きにしか見えないバンクシーも文脈として売れているのだと思う。日本産で海外に売れるものは構造しかないと言ったのが大塚英志だったが、代表として村上春樹宮崎駿を上げていた。

最初の話に戻ると、AKBは素人感、ライブ感(コンサートのライブではなくリアルタイム感)、ドキュメンタリー感である。

 そのものを商品化する商才。

結論

素人を 愛でる文化が 日本人

 

パルフォム ヱヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

パルフォム ヱヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

 

news.yahoo.co.jp

 

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

 

 

メタルは北欧文化。

役所の最大の障害は国民では?というお話

言っていることは100%正しいが、問題はそこじゃないかもと言う話。

定型業務はバイトにやらせていると思います。こっちはこっちで問題(非正規雇用や予算制約で超過勤務手当がでない)があるんですが省略します。エンジニア的にはベンダーロックインもあるかも。

www.orangeitems.com

 

二つの敵

お金

日本の行政はネットに対応できないと言われていますが、最大の原因は予算です。予算があればPCやサーバーを用意できます。予算がなくて個人で外部ソフト(グーグルのクラウド)を使って怒られた件が霞ヶ関にあったそうです。

全部PCやスマホで出来れば窓口は要りませんが、デジタル・デバイドがない世界でしか実現しません。

そのため、古いルートを残しておく必要があります。電話、FAX、郵便、電子ネールの4つを置いておく予算は誰が出すのでしょうか?

結局、従来のもの(電話やファックス)を置いて、ネット対応は後でということになります。

過剰な安全性

福島の原発事故で、福島産の安全性が叫ばれました。実際は、安全ですが今でも心理的不安は取れていません。

福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!

福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!

 

それと同じでデジタル化は安全性が問われます。100%安全はありませんが、安全性を言わないと通らないです。

世界のゲーム会社も同じ意見です。

日本人は面倒くさい客

tech.nikkeibp.co.jp

日本のゲームユーザーは少しのバグも許さないし、ソーシャルメディアなどの普及で、ボコボコにされる風評リスクも高まっているからだ。

もうあるあるネタですね。

プログラムなんだから初期にはバグが残っていて当たり前なのだが、軽微の不具合でも「カネ払ってんだぞ!」と多勢で責め立てられる。

結果

代わりに激高した客から「詳細な障害報告と改善策を記した顛末書を作り、紙に印刷して、それを持って責任者が謝罪に来い」というパワハラ気味の過剰要求が来る。

 

最終的には日本人の心の問題が出ています。ネットも同じです。国民全員の了解を取らずにやることは、選挙を通して意思決定する仕組みがある限り無理です。

 

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

 

補論

紙ベースでやっていたものを単にPCに置き換えたという部分はある。統計局のエクセルはA4やA3で印刷する大きさにぴったりみたいな感じで。新聞のアルファベット全角とかね。

マンガが電子化してもページの概念が消えないみたいなところでしょうか。

その他は、日本あるある話で、部分最適化の問題ですね。

「現場主導のRPAはスケールしない」 大企業が抱える悩み、突破口は専門組織 (1/2) - ITmedia NEWS

はてブのコメント欄で、星が付いていているところで、尚且つ役所に難癖をつけているのを除いたコメントが、現状を表していますね。つまり行政も好きでやっているわけではないということ。

はてなブックマーク - 横浜市「RPAの有効性検証の成果について」を読んで、仕事とは何かを思い知らされる - orangeitems’s diary

最大の誤解は人件費はないということ。つまり無償労働で回している。行政はブラック企業ということです。

参考文献

 

「RPAは魔法のツールじゃない」 年間8500時間を削減、リクルートはロボットに何をさせた? (1/3) - ITmedia NEWS

 ロボットと相性が良いのは「マニュアル化できるルーティン業務」(赤塚さん)で、入金の消し込みや税金計算などはその典型例。さらに、「ロボットを疑うと意味がないので、疑いの余地がないものが対象業務になる」と続けた。

 

また、ツール導入や保守運用などの費用対効果を考えると、ロボットに代替させる業務にはある程度の規模感が求められる。

 

リクルートでは「年間300時間行う業務で、2~3年間は内容が変わらないもの」を条件にした。

 

信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム

信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム

 

 

 

英語は安くて高い~サカイマッスルという自動翻訳の世界~

役所のサイトが機械翻訳というのはよくあるけど(英韓中)、大阪の地下鉄(民営化されいます)までそうだったのか。翻訳は高いのでね。

this.kiji.is

 

人間翻訳は高い?

自動翻訳は安い

いろいろ総合的に判断して人ではなくソフトで回したのだと思う。

自動翻訳ソフトの利用が原因で、利用者からは複数の誤りが指摘されていた。

堺筋を「サカイマッスル」と誤訳 大阪メトロの公式サイト | 共同通信

サカイマッスルは大阪風な感じがする。

ちなみに使用ソフトも判明している。

公式サイトでは、作業の効率化のために米マイクロソフトの自動翻訳ソフトを利用していた。

学校の英語教育で、なぜ日本人は英語が下手かという議論があって、即ち英語の需要がないというのが一つ結論だった。これは人を介しての翻訳コスト的に高すぎるというのがあると思われる。プログラマーが欲しい。でも金は出さない。」というのと一緒の構造だと思われる。

 

出典。少なくとも学校英語を語るときは読んでおいて損はない。

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

 

英語は高いか?

英語が出来るようになる訓練は長く、しかも随時アップデートをするので、それなりのコストがかかっている。つまり商品として高い。しかし日本人は高すぎると思うため英語を買わない。故に需要がない。

結論

機械英訳しやすい日本語を日本人に教育する方が安くなると思う。

要するに金の問題なので。

機械的な翻訳で何を発信しようとしているのか - インタプリタかなくぎ流

金がないということを発信しているんですよ(皮肉)

素人は作戦を語り、プロは兵站を語る。兵站の問題。

学校だとこうなる。

「引きこもりの生徒の家に訪問。親の代わりに風呂に入れる」(50代男性)
「年度末に、教室・廊下・階段の手すりのペンキ塗りを行う」(30代女性)
「教材費や修学旅行費が未納の保護者に電話し、家へ訪問し回収する」(30代女性)
「地域の夏祭りで、夜中23時までパトロールをする」(40代女性)
「英検の試験監督」(30代女性)

News Up これ先生の仕事? | NHKニュース

行政を舐めすぎでしょ。何でもやらせるなよ。やらせるなら金を出せという税金の問題です。

通訳ボランティアというふざけた仕組みも同じで必要だけど金がない。でも出来ないとは言えない現場の悲鳴です。

金がないけど対応を迫られる事例

託児ルームには保育士を置かず、子どもは議員秘書らが見る仕組みを検討している。

自民党本部に「託児ルーム」:時事ドットコム

10年かけて崩壊させた学校教育

教育政策は全て間違っている。

 

10年前の警告

大学

大学が独立行政法人化は予算削減のためだった。2006年をピークに論文の数が減り始めた。大学に教育強化を求めた結果(単位の実質化)、大学生はバイトに明け暮れ教室で寝ることになった。また、成果を求め競争資金という政策変更によってイノベーションが失われた。成果はランダムなため、この政策は当たりクジを買う行為と言われた。これはずっと警告されていたことである。つまり人災である。

ずっと前から言われていたことが現実化するのには10年かかる。

教育崩壊ではない。教育を人為的に崩壊させたのである。

異見交論40「国立大学法人化は失敗だ」山極寿一氏(京都大学学長) : 異見交論 : 大学の実力 : 読売教育ネットワーク

科学立国の危機: 失速する日本の研究力

科学立国の危機: 失速する日本の研究力

 

小中学校~義務校~

なり手がいない。特に小学校が酷いらしいという噂がある。